パパスキーヤーのスキーレポート「19/3/2-3 パワー溢れる戸隠で絶景とゲレ食とお祭りを楽しむ」

パパスキーヤーのスキーレポート「19/3/2-3 パワー溢れる戸隠で絶景とゲレ食とお祭りを楽しむ」

みなさんこんにちは、パパスキーヤーのYUMARO(ゆうまろ)です。

19/3/2-3で長野県の戸隠スキー場に行って来ました。なぜか機会に恵まれず、これまで1度も行ったことがなかったのですが、今回行って来てものすごく魅力的なスキー場だったので、帰る前から来シーズンもまた来ようと思ったくらいです笑。

この記事では、そんなステキな戸隠スキー場についてレポートしていきます!!

Advertisement

二千年の歴史を持つ霊山戸隠

まず戸隠というところは、二千年も前から霊山として信仰されている、とっても神々しい場所で、現在でもパワースポットとして人気があるんです。

その戸隠に鎮座する神社が「戸隠神社」です。公式ホームページにはこんな説明がありました↓

戸隠神社は霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる、創建以来二千年余りに及ぶ歴史を刻む神社です。
その起こりは遠い神世の昔、「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、祭神は、「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしています。
平安時代末は修験道の道場として都にまで知られた霊場でした。神仏混淆のころは戸隠山顕光寺と称し、当時は「戸隠十三谷三千坊」と呼ばれ、比叡山、高野山と共に「三千坊三山」と言われるほどに栄えました。
江戸時代には徳川家康の手厚い保護を受け、一千石の朱印状を賜り、東叡山寛永寺の末寺となり、農業、水の神としての性格が強まってきました。山中は門前町として整備され、奥社参道に現在もその威厳を伝える杉並木も植えられ、広く信仰を集めました。
明治になって戸隠は神仏分離の対象になり、寺は切り離され、宗僧は還俗して神官となり、戸隠神社と名前を変えて現在に至ります。

戸隠神社ホームページ
https://www.togakushi-jinja.jp/about/

スキーの終わりに中社にお参りしてから帰りましたが、かなりパワーをもらえた気がします笑。雪に覆われた感じもまた風情があってよかったです!

中社の正面 雰囲気あります

珍しい三又の杉からパワーをもらっているところ笑

御朱印もいただきました

中社の鳥居 theベーソはこの鳥居の前で行われた

今回、あまり時間がなくて中社にしか行けなかったのですが、全5社を回るのもなかなかよいみたいなので、雪がない時期にでもまた来たいなと思っています。

Advertisement

せっかくなら宿坊に泊まろう

宿坊ってご存知ですか???

ウィキペディアで調べると次のような説明がでてきました。

宿坊宿房(しゅくぼう)は、主に仏教寺院神社などで僧侶氏子、参拝者のために作られた宿泊施設である。僧侶専用の施設は僧房ともいう。本来は僧侶や参拝者のみに特化した宿泊施設だったが、現在では一般観光客も積極的に受け入れる施設も増加し、それに伴い設備やサービスの拡充の傾向が見られ、高野山福智院のように天然温泉を引いた露天風呂を併設する寺院もある[1][2]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

戸隠神社周辺には、宿坊がたくさんあり、ぼくも宿坊に泊まるのは初めてだったのですが、今回は「宿坊極意」さんにお世話になりました。

「宿坊極意」さんは、四世紀ほどの歴史を持ち、建物は国の登録有形文化財に指定されている、江戸時代に建設された茅葺屋根の建物になっています。もう外観だけでもテンションが上がります!!

宿坊極意さんの外観

築200年ということだったので、内観はあまり期待はしていなかったのですが、お部屋もすごくキレイで、かつすごく広くて、とっても快適に過ごすことができました。普通の旅館レベルと思っていただいて大丈夫です。

お部屋の様子

[adchor]

食事もすごくおすすめで、煮物、お魚、お鍋、茶碗蒸し、ソバの実の卵粥、天ぷら、最後に戸隠そばをざるでいただきます。どの料理もとってもおいしく、絶品の戸隠そばはお替りもできますので、大満足間違いなしです!!

食事の様子

また、朝にはお勤めがあって、希望者は宿坊の中のにある神殿で祈祷と、ご主人のお話を聞くことができるので、ぜひ体験してみましょう。とってもいい体験でしたよ!!

神殿の様子

朝のお勤めに向かうところ

ということで、宿坊極意、とってもおすすめなのでぜひぜひ宿泊してみてくださいね!ぼくもこれから何回もお世話になりそうです笑

Advertisement

トップからの絶景は感動もの

戸隠神社と宿坊の話題が続きましたが、スキー場の話に移りましょう。

戸隠スキー場のたくさんの魅力の1つが、まずこの「絶景」です。戸隠が霊山として信仰されたのがうなづけます。今回は天気に恵まれて2日間とも晴れていたので、こんなに素敵な景色が望めました↓。

多くのコースが戸隠連峰に向かって滑っていく配置になっていてめちゃくちゃいい眺めです

最上部のリフトから少し上がったところの展望スペースからの一枚。360°の大パノラマです。

この景色だけでも十分行く価値あるなと思えるくらいだったので、みなさんもぜひこの絶景を楽しんでいただければと思います!!

Advertisement

圧雪バーンを中心に非圧雪やコブまで、緩斜面から急斜面まで何でも揃うコースバリエーション(ただしディープパウダーやツリーランは除く)

決して巨大なスキー場ではないんですが、下のコースマップの通り、バラエティーに富んだ19のコースが楽しめるのも戸隠スキー場の魅力です。

豪雪地帯ではないので、ディープパウダーやツリーランはないのですが、逆にピシっとしまった圧雪バーンが中心で、技術的な練習やカービングでかっ飛ばすにはピッタリのコースが多いのが特徴です。

また、非圧雪コースは降雪がない時はコブになっていて、コブを練習したい人、楽しみたい人にもおすすめです!!

戸隠スキー場コースマップ
引用:https://www.togakusi.com/ski/course/

ドリームコースの様子 ピシっとしまったいいバーン

お仙水コースの中級部分 中斜面のコブは練習に最適

Advertisement

子供がよろこぶ仕掛けがいっぱい

忍者の里としても有名だった戸隠ということで、戸隠スキー場には、忍者をモチーフにした「とがっきー」というゆるキャラがいます。この子がけっこうかわいくて、スキー場のいろんなところにパネルが置いて(忍者だけに隠して)あるので、それを探すだけでも楽しいです。

とがっきー@シャルマン戸隠(レストハウス)

リフト下のとがっきー(見つかるかな?)

ゆるキャラだけじゃなく、コースも面白くて、「とがっきーcコース」には、「忍者スロープ」というアトラクションがあり、子供たち大興奮、一緒に滑ったら大人も楽しかったです笑。子供たちハマってしまって何回も滑らされました…。

忍者スロープ、とっても楽しかったので動画にしてみました笑。ぜひご覧ください↓

Advertisement

さらに、コースマップは古くて書いてない(?)のですが、越水ゲレンデのベースのシャルマン戸隠の横あたりにキッズパークがあり、ベルトコンベアが設置されていて、ソリ遊びもできますし、ゲレンデデビューしたての子供を練習させるのにもピッタリです。ネットで仕切られていますし、最下部には止まれなくてもいいようにクッションが立てられているので、安心して練習させられますよ!

うちの3女もここで練習させたら、今回初めて一人で滑れるようになったんです!!

キッズパークのベルトコンベア

また、越水中央バーンは、広い緩斜面で、短いリフトで何往復もできるので、1人で滑れるようになった子供たちを自由に練習させるのに最適だなと思いました。お姉ちゃん2人はここで何回も滑って練習していました。

越水中央ゲレンデ

Advertisement

効率のいいリフト・コース配置でストレスフリー

リフトとコース配置がとっても効率的だった点も、戸隠スキー場の好感ポイントの1つでした。長距離のゴンドラはないのですが、高速リフトが要所に4本もかかっていて、2本乗り継げばトップまで行けて、さらにトップからだいたいどこのコースにも滑っていけるので、ほんとにストレスフリーでした。

子供連れだとリフトの乗り継ぎだけでも一苦労なので、この効率の良さはめちゃくちゃ高評価で、おすすめポイントです。

Advertisement

ゲレ食バトルチャンピオンを擁するゲレ食はめちゃくちゃハイレベル

戸隠スキー場の中腹にある「やなぎらん」はゲレ食バトルで2年連続チャンピオンに輝いているレストランで、チーズを中心にしたメニューが楽しめます。

「やなぎらん」はゲレ食バトル4代目、5代目チャンピオン

やなぎらん外観

中に入ると、チーズのいい匂いが漂います。本格的なラクレットが食べられるんです。1日目は13時過ぎに時間をずらしていったのですが、なかなか席が空かずに断念。2日目は11時ごろに行って、無事に入ることができました!!

ラクレットランチ、信州きのこピザ、焼きカレーを楽しみました。チーズはとってもコクがあって、そしてボリュームがあってほんとうにおいしくいただきました。戸隠に来たらぜひ立ち寄っていただきたいレストランです!!

やなぎらんメニュー

ラクレットランチ

Advertisement

信州きのこピザ

焼きカレー

ソファー席がおすすめ!

飲んで食べて盛り上がれるお祭り「The べーそ」にも参加しよう

今回はたまたまだったのですが、「The べーそ」という中社の前で行われるお祭りにちょうど日程が合いまして、3/2の夜はこのお祭りに参加してきました。

「べーそ」とは戸隠の方言で飲んで騒ぐことらしく、その名の通り、べーそカップというカップを500円で購入すると、日本酒、ワイン、お鍋が飲み放題食べ放題という気前のいいお祭りなんです笑。演歌歌手の方やパフォーマーの方がパフォーマンスしたり、リフト券や食事券が当たる抽選会があったりと、子供たちも楽しみました。

ただ、めちゃくちゃ寒いので、防寒対策だけはしっかりして出かけましょう。

けっこうたくさんの人が集まっていました

とがっきーも来てくれてました笑

ついでに善光寺参りもいかがですか?

戸隠スキー場の最寄りのICは信濃町ICなんですが、距離的には遠回りなので、今回は長野ICからのルートを選択しました。すると、ちょうど長野市街地から戸隠に上がっていく山道の入り口あたりで、善光寺の横を通ることになるんです。

長野ICから戸隠スキー場までのルートは善光寺の横を通る
引用:Googleマップ

ということで、今回はせっかくなので善光寺にもお参りしてからスキー場に向かいました。善光寺から戸隠スキー場は車で30~40分くらいなので、休憩がてらお参りしてからスキー場に行くというのも十分可能な位置関係です。戸隠神社にも行くのに、善光寺にも行って、パワーもらいまくりです笑。

善光寺はもはや説明不要と思いますが、お寺自体も立派ですし、仲見世通りのお店を見て歩くのも面白いですし、寄ってみる価値ありのお寺です。

本堂はやっぱり迫力ありますね

Advertisement

仲見世通りのぬれおかきがおすすめです。なかでも七味味が最高でした!

そばクレープのお店もめちゃくちゃおいしかったです

Advertisement

まとめ

いかがでしたでしょうか?魅力が多すぎてかなりのボリュームになってしまいました笑。なんで今までこんないいスキー場知らなかったんだろう…というくらいよかったので、まだ行ったことがないよというみなさん、これを機にぜひ戸隠にチャレンジしてみてください!!

パパスキーヤーのスキーレポート「19/3/2-3 パワー溢れる戸隠で絶景とゲレ食とお祭りを楽しむ」

  1. 二千年の歴史を持つ霊山戸隠
  2. せっかくなら宿坊に泊まろう
  3. トップからの絶景は感動もの
  4. 圧雪バーンを中心に非圧雪やコブまで、緩斜面から急斜面まで何でも揃うコースバリエーション(ただしディープパウダーやツリーランは除く)
  5. 子供がよろこぶ仕掛けがいっぱい
  6. 効率のいいリフト・コース配置でストレスフリー
  7. ゲレ食バトルチャンピオンを擁するゲレ食はめちゃくちゃハイレベル
  8. 飲んで食べて盛り上がれるお祭り「The べーそ」にも参加しよう
  9. ついでに善光寺参りもいかがですか?

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

スキーレポートカテゴリの最新記事