パパスキーヤーのひとりごと「雪不足があたりまえになってしまった気候変動を憂う」

パパスキーヤーのひとりごと「雪不足があたりまえになってしまった気候変動を憂う」

みなさんこんにちは、パパスキーヤーのゆうまろです。

12月も中旬になりました。例年であれば早いスキー場は全面オープンもしているような時期です。それが今年は、いつもは11/23にオープンするかぐらスキー場ですら、オープンが遅れ、現在12月15日でも以下のありさま・・・

まさかの、田代エリア-かぐらエリアが行き来できない状況です涙。

12月16日~かぐらスキー場営業マップ
出典: https://www.princehotels.co.jp/ski/kagura/winter/coursemap/?tab=course#menu03

さらに、来週以降もまた暖かい日が続いて、水曜日の東京はなんと19°まで上がってしまうようです!!!

出典:tenki.jp 10日間天気

11月上旬くらいの気温ですよね・・・これじゃあ雪も降るわけないですし、せっかく少しは降った雪も溶けてしまいます・・・

ほんとうに今年の状況はひどく、ぼくが大学からスキーを本格的に初めて15年ほど経ちますが、その中でも最悪クラスに悪いですね・・・。今年の特徴としては、寒気が東北までは来ているようなんですが、関東甲信越まで降りてこないことで、東北より南の関東甲信越や西日本のスキー場に雪が降らない状況が続いているようです。

これによって、ただでさえ経営状態が厳しいスキー場が多い中で、オープンできないスキー場が相次ぎ、営業休止や廃止に追い込まれるスキー場も出てきてしまっていますね。

こんなニュースが連日飛び込んできて、胸を痛める毎日です。

しかも、数年に一度こういう雪不足が来るのであればある程度仕方ないなとも思えますが、ここの15年ほどで肌で感じるほど特に12月の雪不足が顕著になっていっていますよね。これも地球温暖化の影響なんでしょうか???

いろんな説があるのでなんとも言えませんが、CO2が一因になっているのであれば、パパスキーヤーとして、子供達にもスキーを楽しめる地球を残すためにできることはやっていきたいなと思う次第です。

まとまりませんが、パパスキーヤーの独り言でした。

ゆうまろ

ゆうまろのひとりごとカテゴリの最新記事