パパスキーヤーのスキー選び「19/20 100-110mmフリーライドモデル」

パパスキーヤーのスキー選び「19/20 100-110mmフリーライドモデル」

みなさんこんばんは。パパスキーヤーのYUMARO(ゆうまろ)です。

前回、90mmのオールマウンテンモデルの比較動画を紹介させていただきました。

基礎スキー出身のぼくとしては、一本しか持たなければ90mmのオールマウンテンモデルがど真ん中になるのですが、実は何でもできる反面、キレも浮力もどっちつかずと言えばどっちつかずなんですよね。

そこへ来て、かなりパウダーよりに振ったのが、もうちょっと太い100-110mmのカテゴリです。このカテゴリは、ぎりぎりゲレンデをスムーズに滑れる範囲で、十分な浮力が得られる太さを持っているモデルになります。

それでは見ていきましょう!!

2:40 – Volkl Mantra 102

4:45 – Stockli Stormrider 105

8:25 – Salomon QST 106

10:35 – Rossignol Soul 7 HD

13:25 – Nordica Enforcer 104 Free

16:05 – Line Sir Francis Bacon

18:50 – Liberty Origin 106

21:30 – K2 Mindbender 108Ti

24:50 – Head Kore 105

27:20 – Fischer Ranger 107 Ti

30:55 – Fischer Ranger 102 FR

33:20 – Elan Ripstick 106 Black

36:20 – DPS Wailer A 106 C2

38:45 – Blizzard Rustler 10

42:00 – Atomic Backland 107

44:40 – Armada Tracer 108

ちょっと、90mmよりも100-110mmが気になって来た今日この頃です。

最新スキーマテリアル情報カテゴリの最新記事