パパスキーヤーのスキー選び「Bent Chetler 100はバタートリックも快適だった」

パパスキーヤーのスキー選び「Bent Chetler 100はバタートリックも快適だった」

みなさんこんにちは、パパスキーヤーのゆうまろです。

今シーズン途中から投入したBent Chetler 100にもだいぶ慣れてきました。

今回は、かねてからやってみたかったバタートリックの中でも、「ノーズバター360」にチャレンジしてみたので報告したいと思います!!

Advertisement

ノーズバター360

まだまだかっこよくはないですが一応できてると思います!!

これまで、HEAD CADYで何度やってもトップがひっかかってできなかった、ノーズバター360が、Bent Chetler 100だと、トップが引っかからなくて、ついにできるようになったんです(´;ω;`)ブワッ

ぼくがへたくそなだけだったのかもしれませんが、バター系のトリックをやる時には、このトップがひっかからないというのはとっても重要ですね。

HRZN tech

Bent Chetlerは、HRZN techという、トップ構造になっていて、先端からしばらくのところまで、エッジレス&横方向に反りあがっていて、エッジがひっかからないようになっているんです!!(HRZN techの主目的は、パウダーで浮力を得るためと振動抑制のようなんですが・・・)

前から

横から

裏から

黒いところ、エッジがなくて、反り返ってるのがおわかりいただけると思います。ここがかなりいい仕事してます。

この板、パウダーも整地もバターもいけちゃってヤバいです。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

ゆうまろでした。

最新スキーマテリアル情報カテゴリの最新記事