パパスキーヤーのスキーログ「19/12/30 年末の混雑とは無縁の熊の湯・横手で滑り納め」

パパスキーヤーのスキーログ「19/12/30 年末の混雑とは無縁の熊の湯・横手で滑り納め」

みなさんこんにちは、パパスキーヤーのゆうまろです。

年末は、12/29に大掃除、12/30に家族でスキーというのが、わが家の毎年恒例行事となっているのですが、今年は年末になってもどこも雪不足…

関東近郊の雪のあるスキー場はどこもゲキコミのようで、かぐらなんか12/29は9時ごろ駐車場満車、ロープウェー50分待ちだとか…

そんな状況なので、日帰りですが思い切って熊の湯・横手まで足をのばして行ってきました!!

ちょっと遠いのがミソ

東京からだと4時間近くかかるからでしょうか。ぼくはさいたま在住で30分ほどアドバンテージがあることと、大学時代にホームゲレンデにしていたことから、慣れ過ぎていて遠さを感じなくなっていますが、2時間ちょっとで着く沼田エリアやかぐらに比べると確かに遠いですよね。

また、志賀は高速を降りてからの山道が険しいというのも、混まない原因の1つかもしれませんね。4WDスタッドレス以外はチェーン装着を指導される厳しさは他のスキー場で見たことありません笑。

スキー場関係者のみなさんにとっては悩ましいことかもしれませんが、装備のしっかりしたユーザーとしては、アクセスのハードルが高いことで混み過ぎない環境が守られているのはありがたいことです。

雪不足でも十分な積雪

異常な暖冬で多くのスキー場が苦しむ中、十分とは言えないものの、けっこうな積雪があり、中でも標高の高い熊の湯・横手山・渋峠はほぼ全面に近い形で滑ることができました。

標高が高いアドバンテージはやはり大きいですね。横手山山頂はなんと2307mもありますからね!!

やっぱり志賀の安定感はバツグン

なんやかんや志賀の安定感はバツグンだなと改めて感じた1日となりました。車の装備がしっかりしていて、運転が苦にならない方にはほんとうにオススメのスキー場(エリア)です。

今回は日帰りにしましたが、時間とお金に余裕があれば、長く泊まっていろんなエリアをツアーしながら滑るのが楽しいんですよね~、学生の時はあまりありがたみを感じられませんでしたが、今はいかに贅沢だったか身に沁みますねぇ…。

ただ、リフト券がジリジリ値上げされているのは玉に傷ですが…

横手山の一番下のコースはスキーデビューにも最適な緩斜面

横手山の1番下のコースは、かなり長い緩やかな斜面で、人も少なく、スキーデビューにもってこいの斜面です。

ここを使って、これまで紐付きでしか滑れなかった4歳の三女がついにひもなしで1人立ちできました!!

緩斜面でも滑り始めが急だったり、人が多かったりすると、それだけでも初心者には厳しいものなんですが、ここはそんなことはなく非常に安心して練習することができますので、スキーデビューのお子さんはぜひここで練習されるとよいと思います!!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!!

パパスキーヤーのゆうまろでした。

ゆうまろのスキーログカテゴリの最新記事