パパスキーヤーの子供スキー教室「初級編➁ゲレンデデビューの最初の一歩は平らなところから」

パパスキーヤーの子供スキー教室「初級編➁ゲレンデデビューの最初の一歩は平らなところから」

みなさんこんにちは、パパスキーヤーの「YUMARO(ゆうまろ)」です。

子供スキー教室①では、まずはゲレンデに出る準備として、「ウェア・グローブ・ブーツの着させ方」についてお話しました。

正しく身に付けられたところで、いよいよゲレンデに繰り出しましょう!!と言っても、いきなり斜面を滑れるわけありません。そこで、子供スキー教室➁のテーマは、ゲレンデデビューについてです。始めてスキー板を履いた子供たちのまさに「最初の一歩」をどこでどうやって教えてあげればいいのか???についてお伝えしていきたいと思います。

Advertisement

いきなり斜面に出ないのが鉄則

当たり前と言えば当たり前なんですが、ゲレンデデビューと言うといきなり滑らせたくなってしまうのが親心ではないでしょうか?だって早く滑れるようになって一緒に滑りたいですもんね???ぼくもそうでしたから気持ちがよーくわかります。

でも、3姉妹を教えてきましたが、懲りずに3人ともいきなり斜面に連れて行っても、何もできませんでした…。それどころか、斜面だと自分で立っていることもできないので、常に支えておいてあげないといけませんから、こちらも手が離せません。もちろん子供の方も何もできない状態であれば練習にもなりません。ということでいいことなしです。

まず最初はゲレンデで安全で広い平らなところがないか探してみましょう!!ここが最初の練習場です。

Advertisement

ストックはしばらく持たせなくてOK

最初(1人で斜面を滑れるようになるまで)はストックは必要ありません。ストックを持ってしまうと、何気なく持っているだけでも意外と変な力が入ったり、意識を足に集中できなかったりするので、1人で斜面を滑れるようになるころまではストックを持たせるのを止めましょう。

両手がフリーだと、手を取って教えたり、手を使ったトレーニングをさせたりできるので、足に意識を集中できること以上のメリットもあります。

実践するのも、ただストック渡さないだけでできちゃいますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

Advertisement

平らなところで板を履いて歩く練習が最初の一歩

シンプルですが、これが最初の一歩としては一番効果的だと考えています。

平らなところで始めることの最大のメリットは、子供たちが自分で立っていられることです。

そんなことがメリット???と思われるかもしれませんが、スキーを履いて自分で立つって、最初はそれだけでも一苦労なんですよ!!

もし斜面に出てしまったら、まず板を履かせるところからめちちゃくちゃ大変ですし、苦労して履かせられても、履いたら最後、自分ではどうすることもできずに支えてあげなくてはならなくなるのがオチです。

まずは、平らなところで板を履かせてあげましょう。これも最初は一人ではできないので、手取り足取りやってあげましょう。ブーツを持ってつま先を入れて、かかとを乗せてあげて、かかと側のビンディング(「ヒールピース」と言います。)をガチャンと上げてあげるところまでやってあげましょう。子供たちは履きなれないブーツで足が重く大きくなっているので、板を履くだけでもなかなかうまくいきません。コツをつかむまではやってあげた方が上達が早いと思います。

Advertisement

板が履けたら、難しいことは何も教えずに、ヨチヨチ歩きでいいので、板を履いたまま歩かせてみましょう。ただ足を右、左、右、左と交互に前に出すだけで、平らなところであれば前に進むことができます。ただし、板を横に出してしまうと、エッジが引っかかってうまくいきませんので、「足は前に出すんだよ」と声をかけてあげるのがコツです。うまくできない場合は手を引いて手伝ってあげましょう。

まっすぐ歩くのができたら、少しずつ方向を変えながら、大きく円を描くように歩く練習をさせてみてください。ここまでできると、板を履いて動かす感覚をなんとなくつかめて来ていると思いますので、最初の一歩としては合格です!!

Advertisement

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ゲレンデデビューして初めて板を履く子供への教え方について学んできましたね。焦らないで平らなところからが近道ということを忘れずに、楽しいゲレンデデビューにしてあげてくださいね!

最後にポイントを振り返って終わりたいと思います。

「➁ゲレンデデビューの最初の一歩は平らなところから」

  1. いきなり斜面に出ないのが鉄則
  2. ストックはしばらく持たせなくてOK
  3. 平らなところで板を履いて歩く練習が最初の一歩

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

3姉妹パパの子供スキー教室カテゴリの最新記事